白髪染めが与えるダメージ

白髪染めをするにあたって多くの市販の薬は、「髪には一切のダメージを与えない」だとか「使えば使うほど髪の毛が生き生きと元気になる」などといったうたい文句があります。

ですが、実際のところそんなことはあるわけがありません。

白髪染めの賢い利用法』によれば、白髪染めをするにあたって、頭皮や髪の毛には百害あって一利なしです。

メリットがあるとしたら、それは白髪がなくなるため、見た目がもとの全部同じ色になるぐらいではないでしょうか。

さて、白髪染めですが、どのように髪の毛に色をつけるかというと、じつは髪の毛の表面にあるキューティクルを破壊し、そこから髪の毛に色が入りやすいようにしてから、色を入れているのです。

そのため、髪の毛が美しくなるというのはありえないというわけです。

白髪染めを使えば使うほど、髪の毛の結合力がなくなってしまいます。

さらに、大なり小なり頭皮や地肌にも影響が出てくることでしょう。

そのため、白髪染めを行ったら、理想は2ヶ月休むことです。

白髪染めを2ヶ月に一回行うことにより、頭皮や髪の毛を回復させる時間ができます。

もし2ヶ月より前にまた新しい白髪が生えてくるようでしたら、MAXで1ヶ月に一回のペースで白髪染めを行うようにしてください。

それより頻繁にやりますと、髪の毛がどんどん痛んできます。

せっかく白髪染めをやったのに、髪の毛がドンドン抜けてきたり、フケがぼろぼろ出てきたら嫌ですよね。

細かいところまでしっかり注意し、髪の毛を染めていきましょう。