綺麗な白髪染めの仕方はある程度の準備が必要

白髪染めを自分でやるとなると、染め残しが出てきたりうまく染まらない場合があります。

ですが、正しい白髪染めの方法をマスターすれば誰でも簡単に、綺麗な白髪染めをすることができます。

本日は泡タイプを使って、どのようにすれば綺麗に白髪染めを行えるかをご紹介させていただきます。

まず、泡タイプの場合、全体をシャンプーのようにそめられるというのを覚えておいてください。

そのため、普段のやってる動作で染められるため、ブラシでやるよりも綺麗に染められるでしょう。

まず準備するものですが、必ず暖かめの部屋とラップを用意してください。

泡を頭につける際の手袋などは大体市販の箱の中に一緒に入っているかと思いますが、ラップなどは入っていませんので、ご自身でご用意ください。

それではさっそく髪の毛に泡をつけましょう。

しっかりと地肌に近い部分の髪の毛から毛先まで綺麗に揉み込みましょう。

次に、うまく馴染んだら今度はラップで頭を多い、保温状態を作ります。

うまく巻けたら、説明書に記載されている時間分待ちます。

その際も、できるだけ暖かい部屋にいましょう。

暖かいと、白髪染めの液がうまく髪の毛に入りやすいからです。

時間がたったら、ラップを外してお湯で洗い流します。

一旦お湯で白髪染めが全て流れてからシャンプーをしましょう。

シャンプーは一回、リンスは二回ぐらいやるともとのさらさらヘアーに戻ります。

最後に綺麗に髪から水気を取り、ドライヤーで乾かし完成です。